TWO BOOKS

白黒写真が僕を好きな理由

写真

リバーサルフィルムという名のタイムカプセル / time

(”time” @Gifu Japan / Yohei Maeda Photography) 先日実家へ帰省した際、撮影済だが未現像の一本のリバーサルフィルムを発見した。 リバーサルフィルムなんて本当しばらく使ってなかったので、見ただけで結構前に撮影したやつだろうなーと分かった。推定10…

”見るもの全てが写真になる” by ソール・ライター / still

(”still” @Shiga Japan/ Yohei Maeda Photography) ソール・ライター (Saul Leiter) という写真家をご存知だろうか? 「先日雨が降っていて雨粒を撮っていたら、カメラが変になって露出が足りなくなった。ところが露出不足の方が明るいのよりいいんだ。だか…

平日の夜、自分の写真サイトを自分で作りなおした話 / winter girl

(”winter girl” @Aomori Japan/ Yohei Maeda Photography) 10年位前に友人に頼んで自分の写真サイトを作ってもらった。当時Flashという言語で作られた写真サイトは自分の思想を反映したクールなものだった。 (思想:”意図的に切り取っている” を見た目とし…

エリオット・アーウィットによろしく / 3 to 1

(”3 to 1” @Uyuni Bolivia / Yohei Maeda Photography) 21歳の夏休み。グレイハウンドバス(高速バス)の一ヶ月乗り放題チケットを購入して、アメリカ一周の旅をした。 (*今はもうこの乗り放題チケットはないらしい。) 写真の知識も経験も特別なかったが、とに…

”2016年に買ってよかったもの” は皆やってるから、”2016年撮ってよかったもの” を書く / favorite things

(”favorite things” @Bangalore India / Yohei Maeda Photography) バンガロールの空港で搭乗待ち中に観た光景。1人の少年がずっと食入るように飛行機を見ていた。誰かを見送っているようには見えなかったので、おそらく飛行機が単純に好きなんだと思う。「…

”クリスマス”の写真 / christmas

(”christmas” @Kuala Lumpur Malaysia / Yohei Maeda Photography) クリスマス。 冬の寒さの中、どこかに感じる暖かいイメージを連想する。 家族と一緒に過ごす海外。恋人、カップルというイメージが強い日本。スタイルは違えど、大切な人達に囲まれた幸福感…

そこにいれば、いい写真は撮れる / 3

(”3” @Somewhe Spain/ Yohei Maeda Photography) 報道写真家。戦場カメラマン。 この世の中には文字通り命がけで写真を撮る人たちがいる。銃弾飛び交う中でその場で起きている現実と、その中にみえる人間模様を写す人たちがいる。 澤田教一写真展「生誕80周…

”たばこ”になりたい / new cigar

(”new cigar” @Tokyo Japan/ Yohei Maeda Photography) 10年程前、東京でお笑い芸人を目指して奮闘していた2人の写真を撮った。 彼らの名前は”New Cigar”(≒ 新しいたばこ)。 たばこのように中毒性があり、かつ、好きな人だけが好きで嫌いな人にはまったく…

”「シリコンヴァレーの黄金時代」をとらえた写真が教えてくれること”を読んで思った2つの主義とジョブズ最大の発明 / kunie

(”kunie” @Gifu Japan/ Yohei Maeda Photography) ”シリコンヴァレー(シリコンバレー)”という今でこそ有名な名前。IT関係者でなくても一度は耳にしたことある名前だろう。かのアップルが生まれ世界的な企業になっていった場所であり、今なお最新技術を使っ…

PLAUBEL makina670の説明書をウェブ化しておこう / Chris

(”Chris” @New paltz USA/ Yohei Maeda Photography) PLAUBEL makina670(マキナ670)を使っている。 デジカメがどんどん進化している昨今。それでもフィルム写真が好きな自分にとってはとても愛らしい名機である。 買いだめていたブローニー220がなくなり12…

納得。安達祐実の写真集は旦那が撮影してたんだ / itsumono

(”itsumono” @Gifu Japan/ Yohei Maeda Photography) 家族にしか撮れないものがある。 近くにいるから写るものがある。 そんな話。 写真家の旦那さん(桑島智輝)についての話はこちら。 wedding.mynavi.jp あまりに反響があり一時サーバーがダウンした、安達…

さようなら、ブローニー220フィルム / hana

(”hana” @Gifu Japan/ Yohei Maeda Photography) カラー写真は中判カメラを使う。 (35mmでは味わえない繊細な描写が好きだから) フィルムはISO400を使う。 (室内でも夜でも基本手持ちでバンバン撮影したいから) 220フィルムを使う。 (フィルム交換を少なくし…

思わず購入!超絶好みのカメラバック / 456

(”456” @Somewhere Laos/ Yohei Maeda Photography) カメラバッグが好きだ。 写真を撮る人なら分かってくれると思うのだが、カメラバッグが無性に気になる。何個持っていても、ついつい欲しくなるのがカメラバックの不思議である。 おそらく写真が好きな人は…

写真のことば / Y&K

(”Y&K” @Gifu Japan/ Yohei Maeda Photography) 以前、”写真をプリントアウトするということ”についてブログを書いた。 yoheimaeda.hatenablog.com 更に先日、写真をプリントアウトする事について書いてある興味深い記事を見つけたので追記がてらブログを書…

高くて不便で楽しい白黒フィルム写真のススメ / kage

(”kage” @Somewhere USA/ Yohei Maeda Photography) 写真フィルムがとにかく高い。どんどん高くなっている。フィルムも値上がり、現像代も値上がり。。白黒写真フィルムで撮り続けている自分にとっては非常に死活問題である。 1個900円(900円/36枚=1シャッタ…

全編白黒で撮影された映画”ペーパー・ムーン”という誕生日プレゼントを送るセンスとその感想。/ women

(”women” @Nice France/ Yohei Maeda Photography ) 30歳にもなるが、自分には毎年誕生日に誕生日プレゼントを送りあう友人がいる。もちろん男だ。同級生の男だ。 彼とは小学校1年生の頃からの付き合い。小、中学校までは同じ学校。高校以降は異なる進路を歩…

TWO BOOKSというブログタイトルの由来と意味と決意 / readers

(”readers” @Granada Spain/ Yohei Maeda Photography ) TWO BOOKSの由来 TWO BOOKSとは自分が出版する写真集のタイトル。人生を通して撮り続ける自分の写真Project。大学時代のThesisProject(卒業ペーパー)のタイトルもTWO BOOKSだった。その頃と変わらず撮…

写真をプリントアウトするということ / Ayane

(”Ayane” @Gifu Japan / Yohei Maeda Photography ) 写真を印刷しなくなった。昔は使い捨てカメラで写真を撮り、最終的なアウトプットは必ず写真屋さんでプリントアウトされた写真だった。価格にして確か1000円いかない位。時間にして、2、3時間位待てば完了…

おじいちゃん&おばあちゃんの写真を撮り続けた理由 / Japanese gothic

(”Japanese gothic” @Gifu Japan / Yohei Maeda Photography ) おじいちゃんとおばあちゃんの写真を撮り続けてきた。あまりに私的なものだったので、自分の作品とは別物として撮影していた。大学の頃から写真にのめり込み、その頃から帰省するたびに写真を撮…

”撮れた”と”撮った”の違いはMr.釣りどれんから学んだという話 / relationship

(”relationship” @somewhere Spain / Yohei Maeda Photography ) 「"釣れた"ではなく、"釣った"。」 by Mr.釣りどれん あの漫画の言葉を思い出す。小学校高学年の頃ブラックバス釣りにはまっていた。毎日学校から帰ると友達と自転車に乗って、行きつけのポイ…

好きな写真 / old couple and their grandson

(”old couple and their grandson” @Gifu Japan / Yohei Maeda Photography ) 家の隣は竹やぶだった。 実家の隣は竹やぶで、夏には大量の蚊と格闘するために蚊取り線香が炊かれない日はなかった。うちの土地ではなかったが、おじいちゃんは竹やぶの一部を借…

始まりの写真 / cowboy

(”cowboy” @Arizona USA / Yohei Maeda Photography) 写真家になりたい。 そう夢見て日本の大学を辞め、渡ったアメリカでの大学生活1年目の夏。グレイハウンドバスの1ヶ月パスチケットを購入。NewYorkから時計回りでアメリカ一周の旅をした。まずは自分の作…