読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TWO BOOKS

白黒写真が僕を好きな理由

”亀の甲より年の功”とは、カフェブロッサム&”ビル・カニンガム&ニューヨーク”から学べ / Happiness

(”Happiness” @Cebu Philippine / Yohei Maeda Photography )  

f:id:yonpei704:20091204150713j:plain

元気な老人は気持ちがいい。

いや、元気な人というのはそもそも見ていて気持ちがいいのだろうが、とりわけ”老人≒元気がない”からのギャップが若者以上にあるために、よりそう感じるのだろう。

 

何歳だろうとも人生楽しんでいる人というのはとにかく魅力的だ。”年の功”(*正確には亀の甲より年の功(劫))とはよく言ったもので、年月と経験からにじみ出る”灰汁”のようなその人特有の”えぐ味”、”渋味”、”苦味”などの強くてクセのある味はなんとも言いがたい味わいだ。

 

栃木にあるカフェブロッサムは最高のレストラン。

私には大好きな随分年の離れた友人(人生の師)がいる。彼は齢70オーバーだが、とにかく元気で新しいことにもアンテナが高い。iPhoneiPadがでれば購入するし、アップルウォッチが話題になると実機を確認しに栃木なら東京のアップルストアまですぐに出向く。

 

若い頃から海外を飛び回り、様々な事業を創り経営し、そして、最終的にログハウス事業を始めた。偶然訪れたアメリカのログハウスに一目惚れし、かつ、直感的に日本でも必ず好きな人がいるはずだと感じたのがきっかけらしい。当時40歳前後だったと聞いている。一つ調べるの膨大な時間がかかったであろうインターネットもないその時代に、もともと建築関連のノウハウがあったわけでもないのにだ。その行動力と直感力が凄い。そして何より好きなことへの探究心が人並みはずれて強い。

そんなログハウス事業用に建てた最初のモデルハウス(ログハウス)で、今はひっそりと、そして、活き活きとカフェ・レストランを運営している。

 

まずはその”彼”自身が先日Facebookページにアップしていた動画を御覧ください。おそらくファンになるこそ必至。最高です。

www.lily.sannet.ne.jp

 

 時には、庭の手入れ中に蜂に刺されたり、

f:id:yonpei704:20160520195243j:plain

 

時には、木から落ちて足を負傷しつつもローストビーフを焼いてみたり、

f:id:yonpei704:20160520195251j:plain

 

時には、夏の暑さよりも熱い心意気をアピールしてみたり、

f:id:yonpei704:20160520195305j:plain

 

時には、ドローンを使ってお店を空撮してみたり。

f:id:yonpei704:20160520195312j:plain

 

そんな最高の”彼”が経営するお店、カフェブロッサムは東京から車で二時間かからない程度。東京の皆様、関東の皆様、週末ちょっと気分を変えて足を運んでみてはどうでしょうか?

彼がフランスから買い付けた暖炉で焼いたお肉↓が堪能できる。本当においしい。

f:id:yonpei704:20160520195324j:plain

 

 おまけ(修行レポ)

そんな”彼”の経営するレストランへ、昨月のGWに、勝手ながら修行という名の人生の勉強させて頂いた。

朝の仕込み。ローストビーフの作り方を学んだ。

f:id:yonpei704:20160503094527j:plain

f:id:yonpei704:20160503094522j:plain

f:id:yonpei704:20160503094439j:plain

 

薪割り風景。この後ひたすら薪割りをお手伝いした。

f:id:yonpei704:20160502112454j:plain

 

お昼。お店の裏で一緒にまかないランチを食べた。

f:id:yonpei704:20160503143422j:plain

 

文才もすごい。栃木のローカル雑誌に二ヶ月に一回執筆している記事を読んだ。

f:id:yonpei704:20160502174923j:plain

 

映画”ビル・カニンガム&ニューヨーク”も最高。

最後に、大好きな映画(ドキュメンタリー)に、”ビル・カニンガム&ニューヨーク”がある。見たことない人は本当におすすめ。人生を通してニュヨークのファッショニスタたちを撮り続けている名物カメラマンだ。ニューヨークの摩天楼を颯爽とカメラをもって自転車で走りめぐる姿、くったくのない笑顔は少年そのもの。どんなに有名で著名な人でも彼がピンと来なければシャッターを切らない。彼に”写真を撮られること”自体がファッショニスタとしても名誉な事らしい。

映画”ビル・カニンガム&ニューヨーク” は元気になる。元気があっても、元気がなくても、元気になる映画。それがこの映画。

 

まとめ

”亀の甲より年の功”とは、”年長者の豊富な経験は貴重であり、尊重すべきものだ”という意味らしい。尊重”すべき”かどうかは分からないが、少なくとも本日紹介した人生経験豊富な2人が醸し出す”年の功”は、価値あるものとして学びとりたいと思う次第。

ありきたりではあるが、お二人に共通する感覚は、楽しいこと、好きなこと、に純粋に取り組んでいる点だろう。『直感的な生き方。』そんなものを感じる。栃木県は飛駒のカフェブロッサムと、映画”ビル・カニンガム&ニューヨーク”。双方間違いなく失望することなし。超絶オススメです。

 

*カフェブロッサムとの出会いのきっかけについてもまたそのうち書こうと思うが、今日はこの辺りで。実は”海外”と”カメラ”がきっかけだったりする。

 

迷えた時こそ古き経験(歴史)から学び、シンプルな直感を信じよう。さすれば、幸せで魅力的な"功"が待っているはず。

 

Maeda 

 

カフェ・ブロッサムについて 

住所:栃木県佐野市飛駒町1559

電話番号:0283-66-2254(ご連絡は平日でもOK!)

ホームページ:    http://www.lily.sannet.ne.jp/ashikaga-aiba/

 *相場さんお手製ホームページです。

Facebookページ: https://www.facebook.com/cafeblossom/?fref=ts

*掲載した写真&動画もあります。相場さんのお人柄がよくわかります。

おまけ: カフェブロッサムを舞台に撮影された動画。レストラン自体の紹介動画ではないですが、どんな雰囲気の場所なのかよくわかります。

 

vimeo.com