読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TWO BOOKS

白黒写真が僕を好きな理由

君の名は。あなたの名前の由来は何ですか?/ Father

日記的なもの 家族 グローバル

  (”Father” @Chicago USAYohei Maeda Photography)

f:id:yonpei704:20091204140144j:plain

君の名は。映画の話ではない。名前の話をしよう。

"洋平"という名前。
海のような大きな漢にと、海を、太平洋を想って父がつけた名前だと聞いている。

ヨットと父と太平洋

父は大学時代にヨット部の主将をし、かつ、全体育会系部活動の中で幹事長をしていた。ヨットで島々を巡ったり、何日も永遠と海と空しかないヨットの上で過ごしたらしい。20歳そこそこの多感な時期での経験だから、さぞかし刺激的な体験だった事だろう。ヨット部の話、リーダーとして活躍した話、彼の人生へ大きな影響を与えた出来事なのだろう。その証拠に、断片的ではあるものの今でもその話は繰り返し聞く。父が感じた永遠と続く壮大な海、中でも一番多くの時を過ごした世界一大きな海、太平洋。そこで若きし父が感じた何かを私につけた。

太平洋を超えた20歳

20歳の時に太平洋を超えてアメリカへ来た。日本の大学をやめて、留学を決意した。留学自体はそんな珍しい事ではないと思うが、自分の親族周りで留学していた人がいたわけでもなかったので、自分にとっては大きな決断であり勇気のいるものだった。
その経験があるからこそ今でも仕事で海外へ行く事ができるし、様々な国の人達と関わる事ができている。あの経験があってこそ今の仕事感、むしろ人生感を築けていると思うのだ。そういう意味において、留学は自分の人生における転機だったと思う。年を追うごとにより強くそう感じている。

名前という言霊 

言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。
に出した言葉が、現実事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良い事が起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた。
名前には言霊のような力があるのかもしれない。いや、数え切れない位何回も書いたり、呼ばれたり、発したりする中で、自然と刷り込まれているだけなのかもしれない。
 
大学卒業以来約7年ぶりにアメリカへ向かう飛行機の中、眼下に広がる"太平洋"を見ながら名前という言霊的パワーについて思いながらスマホで綴っている。若かれし父が太平洋から感じた"何か"とは何かと想いながら。
f:id:yonpei704:20160902132710j:image
これから大学時代の親友ジャスティンの結婚式へ参列するのだ。いとめでたし。

Maeda