読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TWO BOOKS

白黒写真が僕を好きな理由

思わず購入!超絶好みのカメラバック / 456

(”456” @Somewhere LaosYohei Maeda Photography)

f:id:yonpei704:20091204144929j:plain

カメラバッグが好きだ。
 
写真を撮る人なら分かってくれると思うのだが、カメラバッグが無性に気になる。何個持っていても、ついつい欲しくなるのがカメラバックの不思議である。
 
おそらく写真が好きな人は少なからず、カメラというガジェットが好きな人も多く、その大好きなガジェットが綺麗にフィットするバックというガジェットもまた好きになってしまうのかなと。
 
更には、カメラという精密機器を保護するため、またそれを長時間持ち運ぶために設計されているので、機能的にも優れていてバック本来の性能が基本高い。

私が求めるカメラバックの要件 

人によって求める要件は様々だろうが、ざっくりあげるとすれば私の場合は以下のような感じだろうか。
  • カメラを正しく保護できる
  • PCも収納できる
  • カメラだけでなく、時には衣類も入る可能性もある
  • 普段使いもしたいので大きすぎない方がいい。けど、ちょっとした1泊2泊位の旅行にも対応できる
  • カメラは一台だけでなく、時には2台収納できる
  • フィルムもしまうスペースの余裕がある
  • そもそもバック自体が重たくない、疲れない
  • カメラ取り出しやすい
  • 雨に濡れても大丈夫、雑に扱っても丈夫である
  • 見た目がスマート、かっこいい
  • 他の人と被らない、にくいデザインである
  • 飛行機の機内に持ち込めるサイズである
普段使いもできて、かつ、カメラバックにもなる。
かつ、他の衣類等がある際にはその量に応じて対応できる(大きくなる)。
それでてスマートな見た目で他の人があまり使ってない。
要求の多いピッキーです。完全に。。。
 
だからこそ、自分好みのカメラバックとであうと、興奮冷めやらないのかもしれない。

意図せず購入してしまったカメラバック

そんな私が見とれてしまい、意図せず思わず購入してしまったカメラバックがこちらだ。四の五の言わずに、以下写真達から感じてほしい。 

1. 普段使い/旅行/カメラバック 用途に応じた使い方可能

個人的にはPhotographyの状態がもちろん好きだが、それ意外にも色んな用途が想像できる事は嬉しい。

f:id:yonpei704:20160910124200g:plain

2. 荷物の量に応じてサイズ調整できる

個人的に好きな部分。普段は大きくしたくない。が、旅行などでは大きく使いたい。荷物や用途に応じてフレキシブルに対応できる部分は胸熱。

カバン一つで国内外旅にでれそうだ。

f:id:yonpei704:20160910124425g:plain

3. カメラの出し入れが簡単(これ重要)

何かあればすぐに撮影できる、また、撮影しようと思わせてくれる状態が重要だ。そういった意味では、正しく収納できてすぐに取り出せる事はマスト。

f:id:yonpei704:20160910125701j:plain

f:id:yonpei704:20160910125700j:plain

4. カメラの大容量収納可能

カメラと複数レンズ収納可能で、カメラの2台持ちも可能そうだ。

f:id:yonpei704:20160910125654p:plain 

5. ちゃんと防水

結局ほぼ使うことないとは思うが、嫌いじゃない。何気に海外でのセキュリティー用に使えたりするので◯。

f:id:yonpei704:20160910125656p:plain

6. 見た目がかっこいい。普段使いも可能

ダサいと使わなくなる。これは間違いない事実。少なくともかっこいい見た目は大切。あと、手提げのように利用できる手持ち部分。仕事で常に持ち運びするPC収納がある点も抜け目がなくおすすめポイント。

f:id:yonpei704:20160910125702j:plain

年明け位には届く予定 

順調に制作がすすめば、予定では年明け(2017年1月)くらいに届く予定。今から楽しみでならない。問題なく、かつ、ちゃんと想像どおりのクオリティのカメラバックが手元に届くことを期待したい。実際に利用したらその感想も別途書いてみようと思う。

f:id:yonpei704:20160910125659j:plain

 

最後に、このバックの情報色々

このカメラバックのKickstarterページ

あと数日で支援は終了予定。支援購入だと普通価格よりも安く購入できるが、この鞄専用のHPも存在するのでそちらからも購入できそう。気になる方はチェックを。

PRVKE 21 | The Best Bag For Everyday Carry & Camera Gear by WANDRD — Kickstarter

Thank you! このカメラバックを企画して、制作した方達

旅人であり、写真家であり、コミューター(移動よくする人?)であり、模索し続ける事が好きな人たちだそうだ。国が違えど、自分と価値観が近しい気がするから、そんな人達が創ったバックに恋してしまうのだろう。Thank you!!

f:id:yonpei704:20160910125653j:plain

Kickstarterでの購入(支援)について

Kickstarerはいわゆる、クラウドファンディング系のサービスで、商品だけでなくアートやサービス多岐にわたってアイディアを提示する。それにもしも賛同(購入したい/支援したい)するのであれば、お金を支払う。その見返りとして、商品であれば正規の値段より安く購入できらり、サービスであれば何かしらの見返りをもらえたりする。
 
目標額というトータルの資金まで到達しなかった場合は不成立となり、支払ったお金は支援者に戻され、そのプロジェクトはなかったことになる。
 
今回購入した(支援したバック)は、すでに目標金額を大きく達成しており、とても多くの人から賛同を得ているバックなのだ。
 
もしも良いなと思った人は賛同してみてください。まだ実際に利用してないので本当の使い勝手は未知ではなりますが、こういった写真を撮影している人たちがこだわりまくって世の中に出したプロダクトは良いなと思うし、そういった欲しいものを実際に形にでき得るKickstarterのような仕組みは改めて素晴らしいなと感じた限り。
 
今度は製作者側でも利用してみよう。
 
Maeda 
 
広告を非表示にする