読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TWO BOOKS

白黒写真が僕を好きな理由

もみじが好き / momijinohi

(”momijinohi” @Tokyo JapanYohei Maeda Photography)

f:id:yonpei704:20160827102033j:plain

鮮明に覚えている景色がある。

 

中学校2年生の熱い夏休みの真昼。午前中の部活を終えてお腹を空かして帰る道すがら。家の真裏にある竹やぶ横の細い道を抜ける時、ふと頭上を見上げた。そこには、木漏れ日抜ける青々とした竹やぶの葉っぱが広がっていた。

 

よく見慣れた景色のはずなのに、昼下がりの太陽に照らされた緑豊かな竹の葉は、なんとも言えない色彩だった。光にとけた薄い葉と、本来の色合いを保った強い緑の集合体。微風とも言えないそよ風で揺れる濃淡の葉葉。そんな緑の濃淡の美しさを覚えている。

 

竹やぶではないけれど、青々としたもみじを見上げる度にあの時太陽の光で照らされた青緑のグラデーションを思い出す。

 

紅葉綺麗な真っ赤なもみじも良いけれど、木漏れ日とフレッシュな青々しい緑で織りなす自然美が好きなのだ。 

 

そんな季節感のない話を紅葉の季節に書いてみる。

 

雑記

”木漏れ日”とは日本特有の言葉らしい。日本人が季節の中で観た現象を言葉として表現している。きっとこの言葉を発明した人も竹やぶか青もみじから差し込む太陽の光をみて創ったに違いない。

Komorebi:This is the word the Japanese have for when sunlight filters through the trees - the interplay between the light and the leaves.

ellafrancessanders.com

 

Maeda

広告を非表示にする