読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TWO BOOKS

白黒写真が僕を好きな理由

平日の夜、自分の写真サイトを自分で作りなおした話 / winter girl

(”winter girl” @Aomori JapanYohei Maeda Photography)

f:id:yonpei704:20170319183050j:plain

10年位前に友人に頼んで自分の写真サイトを作ってもらった。当時Flashという言語で作られた写真サイトは自分の思想を反映したクールなものだった。

(思想:”意図的に切り取っている” を見た目として反映させたかったので、黒枠の窓からその景色だけが存在している。そんな見た目を依頼した。四角い枠の比率もフィルム写真のそれと同じ比率そのままに。)

①旧トップページ 

f:id:yonpei704:20170319183722p:plain

②旧写真閲覧ページ

f:id:yonpei704:20170319183816p:plain

f:id:yonpei704:20170319183823p:plain

f:id:yonpei704:20170319184017p:plain項目(Black&White、もしくはColor)を選択すると写真がロードされる。この待ち時間がとても長かった。ロード完了後、写真をクリックすると次へ移動する。戻ることも選択することもできない仕様。あくまでクリックし続けるしかない、そんなサイトだった。

お世辞にも使い勝手の良いサイトではなかった。

スマホでもPCでも閲覧できないゾンビサイトへ

しかし、時が流れにつれスマートフォンという新しい時代が到来した。同様に、テクノロジーも変化し、Flashという言語も肩身の狭い存在になっていった。サイトが閲覧できない、管理できない状態へと変化していった。

問題1 スマホで閲覧できない

スマホの登場により、私の写真サイトはスマホで閲覧できないサイトへ成下がってしまっていた。「写真見せて。」という話題になっても残念ながらスマホで閲覧できない・・・。という寂しい仕様へと。

問題2 特定のPCからしかメンテナンスできない

特定のPCから写真をアップしたりできるように友人に設定してもらっていた。だからパソコンが変わっても写真を変更するためだけに当時のPCを利用していた。外出先で写真を変更したり、順番をかえたりする作業ができずメンテナンスする頻度は徐々に減っっていった。

問題3 ついにはGoogle Chrome(パソコン)でも閲覧できなくなった 

更追い討ちをかけるようにGoogle ChromeではFlashで作られたサイトはアクセスできなくなった。。 要するにパソコンからも見れませんぜ。的な。Flashという言語の終焉と共に私の写真サイトは名実ともに終わりを迎えた。 

平日の夜、自分で写真サイトを自分で作りなおした

という事で、このままではいかんなと自分で自分のサイトを作り直す事にした。(注:私はITエンジニアではない。)

便利な時代になったもので、色々なサイト構築専用サイトがある。その中でも私はWixというホームページ作成サイトを利用して作ることにした。あまり深く検討したわけではないが、一番簡単そうだったからだ。

ja.wix.com

現在の私の写真サイト(Yoheimaeda Photography)は、そのwixで平日の夜1時間程度で作ったものだ。少しず手を加えたりしたが、とにかくシンプルな形のままにしている。

①現トップページ

f:id:yonpei704:20170320093745p:plain

②現写真選択ページ(Black&White、Color)

f:id:yonpei704:20170320093803p:plain

f:id:yonpei704:20170320093812p:plain

③現写真閲覧ページ

f:id:yonpei704:20170320094026p:plain

f:id:yonpei704:20170320094105p:plain

トップページ→写真項目(写真グループ)ページ。ここから各写真を選択して閲覧する事ができる。写真を表示するためにロードする必要もない。スマホでもGoogle Chromeでも閲覧できる。気ままに項目を加筆修正もできる。どのPCからも写真の投稿ができて管理も楽ちんだ。

自分の写真サイトを保有する事のすゝめ 

写真を撮りためている人は一度試してみてはどうだろうか?InstagramFlickerもブログも気軽に色んな人へリーチ出来るから良いけれど、"自分の写真サイトを持つ" というのはまた違う良さがあるものだなと。

自分だけの場所。自分の家を持つ。そんな感覚なのだろうか?非エンジニアでも簡単に創れるし、修正するために色んな学びを得ることができる。オススメだ。 

*余談:名刺に残る旧サイトのこだわり

とはいえ、写真家としての名刺は当時と変わらない。やっていることは変わらないし、とても気に入っているから。名刺に残る旧サイトのこだわりは健在なのだ。

f:id:yonpei704:20170320090304p:plain

10年程前に創った名刺。今もこの先もこの形は健在だ。自分の写真のスタイルはこれだから。

 

自分の写真サイトを持ちましょう。楽しいよ。

 

Maeda