TWO BOOKS

白黒写真が僕を好きな理由

Netflixオリジナル映画『さようなら、コダクローム』を観よう / car w a broken window

(”car w a broken window” @Kanagawa Japan Yohei Maeda Photography)

f:id:yonpei704:20180520131002j:plain
Netflixが凄い。オリジル作品の質が本当に凄い。ドラマだけでなく、長編映画も大変面白い。  

Netflixオリジナル映画『さようなら、コダクローム

先日、「Netflixでコダクロームの映画やってたよー。」「この映画好きだと思うよー。」というLINEを立て続けに別々の友人からもらった。そのNetflixオリジナル映画『さようなら、コダクローム』が良かったので書いてみる。

f:id:yonpei704:20180520122923j:plain

www.netflix.com

今は廃版となってしまったコダクローム。その最後の現像所の最終日までにフィルムを依頼しにいくというロード・ムービーだ。スライドではなくポジではあるが、今でもフィルムでの撮影&現像出しをする自分にとっては大変共感する内容だった。

 

映画の中では、懐かしのコダクロームKodak Kodachrome 64フィルム(デイライト) – 36露出がでてくる。まだAmazonで新品を購入できるっぽい。現時点で3万円オーバーとのこと。現像はできない。

詳しい映画の内容はここでは割愛するが、著名な写真家の親父と息子の物語だ。

*自分の2時間をこの映画に投資するかどうか決めかねてる方は、町山さんの映画紹介をどうぞ。町山さんの紹介はネタバレしないラインで映画を観たくさせるのでオススメ。

www.youtube.com

俺たちは皆時間ってものを怖がる。時間が全てを消していく。だからこそ我々の役割がある。

映画の中、写真家として一時代を築いてきた父親のセリフが、特に印象的でだった。一つの時代が変わる転換期を象徴しつつも、写真家としての本質は変わらないのだろう。

1.「デジタルで撮ればいいのに」と諭す息子に父親が話すシーン

息子:「デジタルで撮れば、話は早いのに。」

「作りの物のおっぱいを触ったことは?」

「見た目が良くても、ニセものはニセものだ。」

「最近は皆写真をたくさん撮る。」

「何十億枚もなでも現像はしない。データだけだ。電子のチリだ。」

「後世の人が探しても写真は出てこない。俺達がどう生きたかその記録はゼロだ。」

「何を作っても見なけりゃ意味がない。」 

2. 若手写真家仲間達へ先輩写真家として父親が語るシーン

「俺たちは皆時間ってものを怖がる。」

「時間が全てを消していく。」

「だからこそ我々の役割がある。」

「写真で時間を止め、瞬間を永遠にする。」

「人の本質を表現する。」

「アートってそういうものかもな。」

  

ニセものかどうかはその人が決めればよい。その”ニセものではない形”で、瞬間を永遠にする。時間を止める。本質を表現する。どう生きたかはそこに宿る。写真とはそういうものかもな。って思わせてくれる映画だった。方法は変われど、写真や写真家の本質は変わらない。

 

写真撮っている人も撮ってない人も、

Netflixオリジナル映画『さようなら、コダクローム』を観よう。

 

Maeda

ガンとフィルムとデジタルについての写進化論 / scene

(”scene” @Somewhere Italy Yohei Maeda Photography)

f:id:yonpei704:20180520121819j:plain

そろそろフィルム写真とデジタル写真について自分の考え方を整理してみようと思う。そう、よくあるやつだ。

【藤田一浩×嶌村吉祥丸】インターネットが変えた、写真家という人生 | TABI LABO

 

正確にいえば、”今の”自分のフィルムとデジタルについての考え方だろう。

 

時間、お金、気持ちにある程度の余裕がある今だから、多分フィルムでの写真撮影は可能なのだと思う。それらのうちのいずれかが切羽詰まってくれば、お金も手間もかからないデジタルに移行するのかもしれない。写真を撮影し続けて最高の1枚を創りたいというのは事実だ。しかしながら、本当に大切にしたいもののためなら二の次三の次に平気でなり得るというのも事実だろう。本当に大切なものはここではない。それくらいの感覚でもある。フィルムへのこだわりなんてその程度。写真とはそんなもの。

 

父が癌と宣告されてから、以前にも増して達観しているようにみえる。母と毎週のように旅行に出かけている。何十年とかけて作ってきた会社でも、お金でも、子供でも、孫でもないのかもしれない。本当に大切なもの。。そんなものを観ている気がするのだ。

 

今あるモノで、今あるコトを、今好きなスタイルで撮る。必要になればそれに適応していく。進化とはそういうこと。変化を受け入れながら時間を全うしていく。「こだわり」なんていう人間が美化し過ぎた言葉をなんなく超越する。そういうことだ。

 

“ほら、あなたにとって大事な人ほど、すぐそばにいるの〜♪ “ なんて歌があったが、あなたのすぐ側にあるカメラで、楽しく撮影できているならばそれでいい。満足いかないならば新しい可能性を模索すればいい。フィルムvsデジタル論争なんて、結局はそういったもっと大きな範疇の中にあるたわいもない話。大した事ではない。

 

写真を撮りながら日々進化していけばよい。そういったことを撮影旅をしながら論じてみる、写進化論。

 

「まつもと〜。まつもと〜。」

大量のフィルムとCanonF-1と共に松本駅にもうすぐ到着する。今のところ、20歳の頃から撮影スタイルは変わってない。

 

Maeda

お題「カメラ」

 

写真雑誌という読書のススメ / dead cat

(”dead cat” @Aomori Japan Yohei Maeda Photography)

f:id:yonpei704:20161228181131j:plain

あれこれ考えを巡らすのもいい。さらっと写真を眺めていくのもいい。

写真をみるならやはり雑誌の方が大きさも気軽さもちょうどいい。

最近久しぶりに立て続けに雑誌を買った。どちらも大変面白かったので、写真に関心ある方へおすすめしたい。

 

気持ちの良い春先、週末、もしくはGWのどこかで写真雑誌を嗜んでみるのはいかがだろうか?

忘れられない写真。:Pen(ペン) 2018年 4/15 号

https://amzn.to/2vy4rv4

中途半端な沢山の写真は求めてない。そう、忘れられない一枚。そんな一枚を撮りたいんだ。

 

見ようとすれば、みえるのか?:STUDIO VOICE vol.412 

https://amzn.to/2vxoEkL

サブジェクティブ・フォトグラフィってなんだ?日本の主観主義写真について8Pにわたって書かれている。自分の写真で表現したいと考えていた世界観とリンクする部分が多分にあって大変興味深い。思想と思考と作品が繋がりつつある感覚が楽しい。

 

Photographerな皆さん、価値ある週末&GWを。

 

Maeda

お題「ひとりの時間の過ごし方」

【OOPTICAL.M】手作りメガネと写真散歩 / zoshigaya

(”zoshigaya” @Tokyo Japan Yohei Maeda Photography)

f:id:yonpei704:20180414101558j:plain

お題「愛用しているもの」

= 水牛の骨(バッファローホーン)から削りだされた手づくりのサングラス。f:id:yonpei704:20180414093515p:plain

カメラをもって街を歩くと、永遠に歩ける気がする。何でもない街でも楽しい。観光地である必要はない。写真を撮ることが好きな理由の一つだろう。

 

ふらふらと歩いていると、思いもよらない出会いもある。素敵な店や、面白い人、買う予定のまったくなかったメガネ。。。。

写真を撮りにでかけたら最高にクールなメガネを手に入れた話

ふらふらと写真を撮りながら歩いていると、遠くの神社にみえた人だかり。手づくり市が開催されていた。手づくりで作られたプロダクトを販売する露天達。カバン、アクセサリー、服、盆栽にパンetc....  創り手自身が商品を青空の下販売していた。既に楽しい。

中でも「メガネをつくってます。」というお店に興味を惹かれた。どれも素敵なメガネで、”これを手づくりで作っているんだ。”という驚きのクオリティ。

f:id:yonpei704:20171221001754j:image

旦那さんのメガネ好きがこうじて、家の自宅の一部を工房にして制作しているとのことだった。最初はブーブー奥さんに言われながらの趣味だったが、最近こういう出店できる機会のたびに少しずつお金も入るようになって、ようやく認められ始めたとのこと。夫婦ふたりで立つお店はいい感じだった。

 

数あるメガネの中で惹かれたのは、「試作品だけど、、」と見せてくれた水牛の骨から切り出したサングラス。水牛の骨は削るのが大変で、削ると猫の尿のような臭いが家中に充満し、とにかく大変だったとのこと。水牛という非人工物でない色合い、見た目のかっこよさは勿論だったが、その試作品という唯一無二感、すべてのストーリーに惹かれてビビッと来てしまった。

 

まったく想定してなかったけれど、ついつい購入してしまった。
f:id:yonpei704:20171221001935j:imagef:id:yonpei704:20171221001905j:image

今ではとても愛着のある”愛用している”一品となった手作りのサングラス。

f:id:yonpei704:20180414104058j:image

OOPTICAL.M(澤口さん)のメガネ

サラリーマンとして企業人をしながらメガネを作っている、澤口さんのメガネを今後も購入するだろう。メガネ好きな人は要チェックだと思う。

人気がでるのは寂しいので本当は隠しておきたいけれど、素晴らしすぎるからお勧めしておこう。

f:id:yonpei704:20171221001845j:image

 Instagramwww.instagram.com

こういう1点もの。創り手の”愛”という名の独自性がたまらなく好き。いわゆる量販のブランドものではない良さを求めてしまう偏屈な嗜好こそ至高なり。
 

Maeda 

白黒フィルムの終わりの始まり/ Hill of Marchen

(”Hill of Marchen” @Hokkaido Japan / Yohei Maeda Photography )

f:id:yonpei704:20180408094116j:plain

ついにこの日がやってきてしまった。

富士フィルムが白黒フィルムを撤退することを決めた。今年の10月の出荷を最後に停止する。80年の歴史に終止符を打つのだ。

www3.nhk.or.jp

どれだけの写真を撮っただろうか。400がなくってからは、Kodakを利用することが多くなったが、それでもネオパンで撮影した世界の旅は自分の写真の原点だ。

(”selfportrait” @Long island USAYohei Maeda Photography)

f:id:yonpei704:20091204150814j:plain

学生時代に写真を撮るために世界を旅した。出発前日、NYの友人宅で撮影した。全身黒尽くめの憧れの写真家を真似して黒服を好んで着ていた。海外生活が長く、伸びきったロン毛だった。

フィルムを箱から剥き出して、白黒フィルムをバックパックに詰め込んだ。いつまでも自分の写真の原点。富士のフィルムの空箱と共に。 

ありがとう、我が青春の色、ネオパン。

 

yoheimaeda.hatenablog.com

以前もフィルム事業撤退の話題を書いた。デジャブではない。

時代が変わろうとしている。

 

Maeda

写真を撮らない宮崎駿が描いた『毛虫のボロ』/ horse2

(”horse2” @Hokkaido Japan / Yohei Maeda Photography )

f:id:yonpei704:20180321094247j:plain

お題「最近気になったニュース」

最近気になったニュースはこれ。引退するする詐欺で有名なw、宮﨑駿監督の記事。

風立ちぬ」以降、初めて手がけた作品『毛虫のボロ』が3月21日に三鷹の森美術家院の映像展示室「土星座」での公開が決まったというニュースだ。

www.oricon.co.jp

宮崎駿は、写真をみない。写真なんか撮ってない。

宮崎駿という人は才能ありますか?」

『毛虫のボロ』のニュースに少しでも興味をもったのであれば、ぜひとも鈴木敏夫プロデューサーの下記動画を合わせて観てみて欲しい。よりいっそう『毛虫のボロ』を観に行きたくなる。

www.youtube.com

『才能とは記憶力である。』

  • 何となく見ているんじゃない。要素で覚えていく。20から30くらいの要素で覚えていく。
  • なんとなく努力しても成長するわけではない。アニメーターで優れた人でも伸び悩んであときには、なにかを観てくると、また伸び伸びと画を書き始めることがある。
  • 宮崎駿は、写真をみない。写真なんか撮ってない。実際に目にした何かを観察して、それを記憶する。そして思い出しながら自分の景色にしていく。
  • 映像に関しての記憶力だけが突出して凄い。多分高校1年から4年くらいの間自分で毎日写生して鍛えた事が今日に至るまでの宮崎駿の強みだと思う。
  • 観察・記憶力。”頭が良い”とかいう言葉の意味は良くわからないが、「”頭の良さ”とは、1記憶力 2根気(途中であきらめない)3判断力 である。」 と書籍で読んだことがある。これらの要素が優れている人のことを”頭が良い”というんじゃないか。宮﨑駿は1記憶力 が優れているんだろう。

観察から始まるオリジナリティ

  • 宮崎駿は映画初監督38歳。それまでずっと誰かの手伝いをしていた。
  • 才能とは要素を抽出すること。それに付け出すこと。これがオリジナリティと呼ばれるものを創りだす。
  • 実際に観て覚えている要素+分からなくて付け足したとこ=オリジナリティ。

完成した作品は、上映時間14分20秒の短編アニメーション。草むらのなか、夜が明ける前に卵からかえった毛虫のボロ。初めて見る朝陽はとてもまぶしくて、世界はおいしそうな空気にあふれていた。ボロはボロギクの根元に降り立ち、毛虫の仲間たちや外敵が行き来する世界へと踏み出す物語。

長年、”虫の眼から見た世界”という企画を温めていたらしい。

記憶力に優れた才能をもった宮崎駿が長い年月をかけて観察した記憶と、彼の付け足しが産み出したオリジナリティ、『毛虫のボロ』を観に行こう。

 

Maeda

【HOME Project Magnum Photos】あなたのHOMEは何ですか?/ Kaya

(”Kaya” @Gifu JapanYohei Maeda Photography)

f:id:yonpei704:20180317124447j:plain

*Title「Kaya(蚊帳)」:祖父母と同居して育った。おじいちゃんおばあちゃんの住む母屋で、小さい頃はよく一緒に寝た。夏になると蚊帳をつって寝た。隣が竹やぶでとにかく蚊の多い家だった。蚊帳で囲まれた2つの敷布団は何かに守られている秘密基地のようでワクワクした。大人になって、おばあちゃんが痴呆の傾向がみられ始めてきた。確実に何かが変わってきた。秘密基地の時と変わらぬ場所で、変わり始めた2人。私のHOME。

 

HOME。あなたのHOMEは何ですか?

home-magnum.com

Magnum Photosが世界中で2018年3月から、世界7都市で写真展を開催する。マグナム・フォトから写真家16名が参加してHOMEという”大喜利”に取り組むFUJIFILMとの共同プロジェクトだ。

ニューヨーク、ロンドン、パリ、東京、ケルン、イタリア、中国と世界7都市を巡る。東京の日時、場所は以下だ。実際のプリントには本にはない魅力が確実に存在する。もしも興味あれば足を運んでみてはいかがだろうか。

  • DATE:2018年7月21日(土)~30日(月)
  • VENUE:代官山ヒルサイドテラス 
  • ADDRESS:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町18-8

www.youtube.com

HOME by Hiroji Kubota(久保田博二)

マグナムに日本から唯一在籍する写真家、Hiroji Kubota(久保田博二)も今回のプロジェクトに参加している。

Hiroji Kubota - HOME Project Magnum Photos

www.youtube.com

”美しいでしょ?普通のプリントなんかと違うでしょう?”

”いくらデジタルのカメラが凄くても過去は撮れない。やっぱり過去を撮ってあるのは,

これが一番僕の宝物”

”この55年間写真のことしかやらなかった”

"55年間の写真、集大成の本"

”これからですよ、これからです。だから写真が僕のすべてなんです。”

 

写真をみせたり、説明したりするときの嬉しそうで、誇らしげで、楽しそうな顔。最近実家に帰ると5歳、3歳の甥っ子と遊ぶ機会が多い。まさにそれと同じような顔をして幼稚園でつくった節分のお面を見せてくれた。子どものように純粋な様。

合理的でも、経済的でもない。誰かと比較するでもない。そんなものをすべて超越した超個人的内発的動機。だから最高で、かつ、美しい。その人個人であり、その生きてきた人生そのもの。

 

そんな彼の撮ったHOMEをみることができる。

HOME by エリオット・アーウィット

以前ブログでも書いたエリオット・アーウィットもHOMEに参画している。

yoheimaeda.hatenablog.com

Elliot Erwitt - HOME Project Magnum Photos

www.youtube.com

”重要なものは被写体ではない、被写体をどう扱うかなんだ”

”写真はお勧めだよ、だって楽しいし、誰も傷つけないし”

”キャプションには写真を言葉で説明する大切な役目がある”(⇒余談:なるほど。どうしても写真だけで伝わってほしい。説明はしたくない。と思っている節がある自分を少し反省した。だから、冒頭のKaya(蚊帳)にも今回はキャプションをいれてみた。)

 

自分が人生を通して創ってきた作品達に囲まれた家で、HOMEという題材に挑戦している。正直、高齢の彼の作品が本当に私の好きだった作品かどうか分からない。それでも彼の写真に対する純粋さは動画から伝わってくる。

 

楽しみだ。

HOME。あなたのHOMEは何ですか?

HOME。

世界の写真家が切り撮った”大喜利”「HOME」を観に行こう。

 

Maeda  

お題「思い出の味」